FC2ブログ
札幌で個別指導塾開業を目指す三十代男性の日記
 現在、札幌在住の30代の私(40代突入しました)が、個別指導塾開業を目指す過程をブログにしてみようと思いました(開業しました)。教育関係のことなどもいろいろと書き込みたいと思います。 リンクフリー
東海大北海道、未成年飲酒で選手権出場辞退
 東海大北海道野球部が未成年飲酒で出場辞退というニュースがありましたが、ヤフーのコメント欄を見ると、大学生なら飲酒くらいというのが多かったです。こういう人達は、これから、時代錯誤の老害扱いされていくんだろうなあと思います。
 今は、どんどん厳しくなってきています。NEWSの件だって、20年前ならほとんど問題になっていなかったでしょう。飲酒に厳しくなってきているのは世界の流れです。医学の発達が大きいと思います。

 そういえば、今回のワールドカップ、会場周辺はアルコールの販売は一切禁止だそうですね。ロシアも国民のアル中問題には頭を痛めている国です。



 元生徒が、全国優勝するようなある大学の部活に進みましたが、未成年飲酒にはすごく厳しいそうです。このSNSの発達した時代、どこに目があるかわかりません。ライバル校なんかにチクられたらアウトです。警戒しているのでしょうね。


 高校野球なんかでも、連帯責任はかわいそうという人がいますが、部活なんだから当然だと思います。外部活動で、個々人でやっているものなら、連帯責任はおかしいと思いますが。

 部活は、勝利至上主義で勝つためにやっているわけではなく、あくまで教育の一環としてやっているもの。そこで、飲酒や後輩いじめなどか生じるのなら、その部活を通しての教育活動は失敗しているということです。本来、その部活を解体してもいい話です。 勝ち負け大好き人間達が、試合が~、試合が~とうるさいので、解体せず残しているというのが実態だと思います。プロ目指すなら、個人的に練習して、トライアウトを受ければいいだけ。
 勉強するための大学にスポーツ推薦で入るのもおかしな話です。スポーツ専門大学でもつくって、そこを目指させればいいと思います。
 
 私大が、広告塔として、選手を獲得しようとするから、おかしなことが起こるんでしょう。
 選手は、教育の名のもとに、ほとんどタダで使える便利な労働者みたいなものですね。プロチーム持つと多額の人件費がかかりますが、大学生ならタダで使えますからね。
 アメリカでは、選手は、実質、労働者ではないのかともめたことがあります。

 スポーツしか能のない子供というのは、これからどんどんきつくなるでしょうね。スポーツは金になりませんからね。どれだけの会社がチームを手放したことか。
 私立の経営も、少子化で特待生をかかえることが負担になってきています。進学校化を目指した学校と、スポーツを全面に押し出した学校で、明暗がわかれつつあります。特待生倒産の学校の出現が、そろそろ現実味を帯びてくるのではないでしょうか。


 前回の答え

 正解は、日ソ中立条約


 第544問

 1941年に、(   )が、国民学校初等科となった。 (中学歴史)
 
 1 中学
 2 保育所
 3 尋常小学校
 4 尋常ではない小学校
 5 東京帝国大学
関連記事


札幌麻生個別指導のホームページへ

スマホ汚染

新宿で女子大生が大量に倒れる

死を生み出している産業

ブログタイトルをクリックすると新しい記事から順に読めます
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



にほんブログ村 教育ブログへ
リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



カテゴリー



FC2カウンター



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
9位
アクセスランキングを見る>>



プロフィール

sapporoedu

Author:sapporoedu



最近のコメント



最近のトラックバック



ブログランキング

FC2ブログランキング



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる